和服の着付け帯結び

和服の着付けで綺麗な帯結びとは

和服の基本は着付けと帯結び

優雅な雰囲気をかもしだす和服の着付けと帯結びは基本が大切です。帯結びは男性と女性との違いがあり、それぞれの基本を習得することがポイントです。女性の場合は手先を肩にかけ、輪を下にして胴に巻き付けます。両手で輪を持ち締めます。後ろは手先を下におろし、胴に撒いた部分上にします。上に折りあげた部分を手先を下におろし、胴に巻いた部分を折り上げます。太鼓にいれ、仮ひもで結び、太鼓を調節します。背を伸ばしぴったりと背に合わせます。和服は仕上がるまで両手をさまざまな方向におき、調節します。何回も繰り返し体で覚えます。

和服の着付けについて

和服は、清潔な手で扱い、着る前日にタンスから出し、着付けは衣裳敷などの上で行ないます。まず、最後に履くと着崩れてしまうので、最初に足袋を履きます。次に、肌着をつけ、タオルやてぬぐいで体の凹凸を調整して、体全体がなだらかな筒形になるよう補正します。そして、着物を美しく・着崩れしないようにするための衣紋の抜き具合を、着物を着る前にしっかりと整え、長襦袢を着ます。着物を着たら腰ひもできちんと結びます。着物のお端折を綺麗に整えた後、伊達締めを締めます。最後に、帯をひと巻きごとに引き締めながら巻いて、和服の着付けができあがります。

和服と着付けの情報とは

↑PAGE TOP